あなたの薄毛はどのタイプ?薄毛の種類によって違う治療方法

AGAなら男性ホルモンを抑える薬

薄毛で悩む人は多いです。男性が悩むといわれていますが、女性でも悩んでいる人はいます。女性は男性ほどは少なくなりませんが、分け目がはっきりするなどボリュームが気になる人がいるようです。薄毛は皮膚の病気とされ、それなりに治療方法があります。もしAGA、男性型の脱毛症であると診断されたのであれば、その症状が改善する治療を試みます。男性ホルモンに作用して、髪の毛の発毛サイクルを正常化させる治療になります。一般的には男性に行われる治療ですが、女性も男性ホルモンが影響する薄毛になるときがあります。ただ、女性はFAGAと言われ、男性向けとは異なる薬の処方がされます。男性向けの薬を使わないように気をつけなければいけません。

円形脱毛症の時の治療方法

人は他の動物に比べると体毛は少ないです。頭部に集中していて、頭部以外は細かったり密集度合いが少なかったりします。頭部は一つの毛穴から何本も毛が生えているなど他の部分とはかなり異なります。そんな頭部に起こる脱毛症として円形脱毛症があります。10円玉ぐらい円形の脱毛部分が現れる症状になります。頭皮その物やホルモンのバランスなどが悪いわけではなく、ストレスが原因とされています。仕事等でストレスがたまっていると起きやすいので、まずはストレスの原因を突き止めてそれを解消するようにします。病院などで診察を受けても投薬治療や外用薬を使ったりの治療はありません。原因となっているストレスが解消されると元通り髪の毛が生えそろいます。

agaの治療の効果は疑問視する方も多いですが、実は非常に効果のある治療となっており、治療を受けた方の多くが満足しています。